ヨーグルトの生きた菌死んだ菌それぞれの健康効果

ヨーグルトの乳酸菌には生きた状態、死んだ状態それぞれに健康効果があります。
ヨーグルトなどの発酵乳は、牛乳本来の栄養素に加え、乳酸菌の働きによる効果を期待することができます。乳酸菌の中には胃酸や胆汁酸で死滅してしまうものと、生きたまま超まで届くものがあり、そのどちらにも健康効果があることが報告されています。
まず生きたまま腸に達した菌は、腸内で増殖することによって乳酸や酢酸が作られます。乳酸は腸内で他の微生物に利用されて、有害な菌を減少させて腸の調子を整えてくれます。これによって免疫力が高まり、がんや感染症を防ぐ効果があります。
死んでしまった乳酸菌ですが、生きていなくてもいくつかの健康効果が期待できます。血圧効果作用や血清コレステロール低下作用などです。
生きていても死んでいても、乳酸菌は私たちの体に有益に働いてくれるのです。

サブコンテンツ
http://www.hephez.net/ http://www.lesbeursgay.com/ http://www.tskj2007.com/ http://www.angiesgiftsbyhand.com/ http://www.vvpost.com/ http://www.ikikc.com/ http://www.tarot-hermes.com/ http://www.manasotamoparclub.com/ http://www.nytcenter.com/ http://www.lorenzoantognetti.com/

このページの先頭へ